せどりキングの評判について

せどりの作業を効率化してくれるソフトはいくつもありますが、その中でもとくに有名なのがせどりキングです。
もちろん、広告をバンバン出しているからというのも大きいですが確かに利用者が多いのも確かなのです。

今回はせどりキングを使う人が多いのかについて話していきたいと思います。

せどりキングの評価すべき点


せどりキングを使うメリットとしてまず挙げられるのが買い切り型であることです。せどりツールは多くの数が世に出ていますがそのほとんどが月額制になります。だいたいが、月に1万円ほどの費用がかかり、これがせどり初心者がツールを導入しにくい環境を作ってしまっているのです。
せどりキングはツール代金さえ払えば、継続して利用するのにそれ以上の費用はかからないというメリットがあります。

iPt_ZLS_f7QV8IT1446773942_1446773962
さらに、買い切り型の中でもせどりキングは仕入れから出品、価格改定、売上管理などせどりに関わるすべての作業をフォローしてくるメリットがあります。せどりツールはその多くが仕入れ特化型か価格改定のみというものが多いので、そういう意味ではあまりないせどりツールといえるでしょう。

せどりキングは豪華なマニュアルもついてくる


また、せどりキングには購入と同時に多くのマニュアルがついてきます。といってもPDFファイルなのですが……
しかし、せどりを今から始める人のためのAmazonアカウント作成マニュアルから商品梱包・発送のやり方、さらには具体的なせどりの方法であるモノレートの見方や雑誌せどりのススメなども搭載されています。
なので、せどり初心者にも扱いやすいソフトといえます。

せどりツールというともうすでにせどりをやっているせどり中級者以上向けと思われがちですが、これからせどりを始める人は仕入れから価格改定まで時間をかけてしまう傾向にあります。そうすると実際に売れる前にあきらめてしまったり、やめてしまうことになりがちなので、このようなせどりツールを使いながらせどりを始めるのはなかなかに得策といえるのです。

また、せどりキング5からは新機能として他のせどらーがどのような商品を出品してるのかを知ることができる機能が搭載されています。これにより、初心者は売れてるせどらーを手本として、せどり仕入れを行うことができるわけです。まさに生きる情報商材というやつですね。

まとめ


今日はせどりキングの評価すべき点について書かせていただきました。
といってもこのツールを購入したからとって稼げるわけではありません。せどりツールはあくまで作業を効率化・自動化してくれるものと考えてください。
結局は仕入れを決断するのも価格を設定するのも自分でやらなくてはいけないのです。

シッカリ確認を!

せどり用のツールを買ってみたはいいけど…さっぱり使い方がわからない!
もしかして他のツールのほうが良かった!?
購入前には必ず比較してしっかり使えるツールを選んで下さい!

ちょくちょく聞かれるんですけど、事前にしっかり調べてない人が多すぎます。
ソフトとかツールの販売ページですが、当たり前ですけど買ってもらえるように、いいことがいっぱい書いてあります。
マイナス面なんかそんなでかでかと書くわけ無いですよね。
自分が何かものを売るときにしたって欠点を大きく書いたりはしないと思います。

買い物するとき、ちゃんとマイナス面って意識してますか?

利益が出るかどうかっていう面も勿論ですが、機能面でも色々違いはあります。
あのソフトで出来たのにこのソフトでは出来ない(その代わり他のことは出来る)なんてのはしょっちゅうです。
なので併用している、なんて人がいるのも普通なんですね。

で、何が言いたいのかと言いますと、買ったけど欲しい機能がついてなかった、なんてことをいう人がいるんですよ…。
もうね、一体どこを読んでいたんでしょうか。
これだけは何回も言います。
ちゃんと読んで、自分にあってるか確かめて下さい…!!!
どんなソフトも、耳障りの良い事ばっかり書いてあるんです!!
情報の取捨選択、お忘れなく…。

せどりキングは詐欺ツールか?

以前、詐欺ツールについて少し書きましたが、
今回は具体的なソフト名を挙げてまとめてみます。

一部で詐欺ツールだ、と言われていたせどりキングというソフトについてです。
このソフトは初代~4までナンバリングを変えながら販売が行われてます。

まず、本当に詐欺ツールだったとして、ずっと同じ名前で販売されるでしょうか?
普通は詐欺だなどと不名誉な噂が立てば、全く違う名前にするものです。
そのほうが以前までの評判をなかったコトにできるからです。

老人向けに布団なんかを押し付ける詐欺っぽい集団なんかは一定期間ごとに店舗を変えていきます。
同じようにソフトも発売元をくらましたり、名前を変更しなくては詐欺として成り立ちません。

それが4つ目まで同じ名前が出ているのですから、詐欺なら全く売れなくなっているでしょうし、
そもそも後継ソフトの開発もしないでしょう。

販売元にメールで質問をしてみましたが、翌日に連絡が帰ってきました。
翌々日くらいまでには基本的に返信をしてもらえるようです。

販売元とも連絡がとれたことから、そこまで詐欺と呼ばれる所以は感じませんでした。

実際に利用もしてみましたが特別難しいということもなく、出品と改定が出来ました。
一部で詐欺と呼ばれる原因については確認できませんでしたが、今のところ問題は無いようだと言えます。